社会人が気になるペン字学習!通信講座で楽々習得

女性

字は人を表す

ペンを持つ人

どのようにして学ぶのか

ペン字が汚くて悩んでいるという方が結構いると思われます。シャーペンだと普通に書けるのに、ペン字になるとなぜか汚くなってしまうというケースが結構あります。字は人を表すものとよく言われるので、汚いとどうしても印象が悪くなってしまいます。パソコンを使う機会が多くなりましたが、履歴書やお礼状などまだ手書きの機会はあるので、ペン字が綺麗に書けるように改善するべきです。そこで、通信講座を利用してみることを推奨します。書籍で対策をする人が多いようですが、ペン字の場合も通信講座を利用するべきです。学習方法は主になぞり書きになります。なぞり書きで上手くなるのかと心配する方がいますが、継続していけば自然と綺麗な字が書けるようになってくるので問題ありません。中にはすぐに効果が出る人もいます。

添削もチェックするべき点

ペン字の通信講座を選ぶポイントはテキストだけではありません。テキストのクオリティはもちろん大事ですが、どこも大きな差がないのが現状です。差が出る部分はサポートになるので、添削などについてチェックしてください。添削で戻ってくるまでどのくらいの時間がかかるか、的確なアドバイスがされているかなどを口コミ等を参考にして確認してください。添削がしっかりしているとモチベーションが上がるので、さらに頑張ろうとやる気がアップします。継続できるメリットがあるので、添削は重要なポイントだと言うことができます。費用は他の講座と比べてかなり良心的な設定になっているので安さにこだわる必要はないです。テキストのクオリティやサポートがしっかりしているところを選んでください。

理由書を書く場合は

履歴書

自分の志望理由書に自信がない場合は、予備校内で行われている添削講座を受講する事を推奨します。添削者が文字の丁寧さやわかりやすさを評価してくれます。また理由書の添削は、実際の合格者にお願いしましょう。その理由は、実際の合格者の方が受験生の気持ちがわかるために、筋の通った指摘が可能だからです。

もっと読む

サポート体制もチェック

婦人

お金と時間を無駄にしないためにも、専門学校の通信課程を吟味するときにはカリキュラム内容や修了率、就職率について注意深くチェックをします。また専門学校の通信課程は社会人などの多忙な人でも通える工夫がされています。さらにオープンキャンパスに通う工夫も、スクーリングのためにも有効です。

もっと読む

オンラインで指導を受ける

文房具

オンラインの小論文添削は、学生から社会人まで幅広い層が利用できます。テキストデータを送るので、自宅でのやり取りで完結するのも特徴です。再添削システムを利用することで、文章の完成度を高めることができます。

もっと読む